社内不倫の制裁・代償!会社・職場でのきっかけとバレた際のリスク

MENU

社内恋愛から不倫に!?大きすぎる浮気の代償

 

社内恋愛

 

不倫のきっかけはどこにでも存在します。遊びのつもりの人、本気だけど相手が既婚者だったなど、理由はいろいろあるでしょう。しかし、本人は不倫しても楽しめて良いかもしれませんが、不倫をされたパートナーはどう思うのでしょうか?

 

最近は不倫への対処法もインターネットで簡単に検索できたり、無料で相談できるところもあります。そのため、現在は不倫をされたら、しっかりパートナーと、その浮気相手に制裁を加えることが、簡単にできます。特に社内不倫をした場合、さまざまな影響が考えられます。

 

今回は社内不倫をするきっかけ、バレたときにどんなリスクが待っているのかご紹介します。

 

社内不倫をするきっかけとは?

社内不倫をするきっかけは、ちょっとしたことが多いです。どんなきっかけから社内不倫をスタートするのか見てみましょう。

 

仕事やプライベートの相談から不倫に発展

よくあるのが仕事がうまくいっていない、辛いときに相談にのってもらっているうちに不倫してしまうケースです。若手社員が先輩社員、上司に相談してアドバイスを受けるために、一緒に何度か飲んでいるうちにそんな流れになった、若手社員から告白されて流されてしまったというのが多いようです。

 

また、交際相手とうまくいっていないと相談して優しくされたことで好きになってしまい、不倫に発展することもあるようです。

 

社員旅行で普段見ない顔を見て

社内旅行は普段見ない顔を見ることがありますよね。お風呂上がりがセクシーに見えた、穏やかな表情を見て好きになってしまったというケースもあります。社員旅行で一線を越え、体の相性もピッタリだと離れられなくなるようです。

 

酔った勢いでキスされて

会社の飲み会の帰りに同じタクシーに乗って、帰り道、別れ際などのタイミングで、突然キスされたことをきっかけに関係を持ってしまうことが多いようです。

 

残業を手伝ってもらっていて

仕事のミスをフォローするために一緒に残業してくれ、優しく言葉をかけられて好きになってしまったというケースもあるようです。

 

同じ会社の元カレ・元カノと

結婚相手とは良好だけど、刺激が少なくて物足りないと感じて、刺激を求めてしまうには、元々恋人だった相手は都合が良いようですね。割り切った関係ではありますが、社内不倫がバレる危険性は考えないといけないのではないでしょうか?

 

同じ仕事に関わるうちに

同じ仕事をこなしていると、接点が増えますし、一緒にいる時間が多くなります。また、仕事の悩み、喜びも共有し合えるため、不倫に発展するケースもあるようです。

 

上司と部下の関係から

上司と部下は非常に不倫に発展しやすい関係と言えます。上司が部下を指導する立場にあり、面倒を見ているうちに好意を持ってしまうこともあります。

 

また、部下も上司を頼りにしているため、優しくされることであっさり不倫に発展するケースが多いようです。

 

出張に同行して

出張も不倫のきっかけになりやすいです。仕事ではありますが、一緒にちょっとした旅行に出ている気分にもなりますし、開放感を感じて親密になりやすいのです。

 

同期で元々仲が良かったから

同期だと、入社したときから気心が知れているし、上司や仕事への不満を話しやすいですよね。そのため、交流する機会も多く、プライベートな時間を一緒に過ごすことも多いです。

 

そうなると、ちょっとしたきっかけで不倫に発展することがあり得ます。

 

社内イベントをきっかけに

社内イベントは普段見せない顔を見られる少ない機会です。この社内イベントで服装が替わって、意外とスポーツマンだった、頼りがいがあったなど、ドキッとする場面に遭遇することもあります。

 

そうなると、今まで抱いていなかった感情が吹き出し、不倫するきっかけになることもあります。

 

女性からのアプローチで心が揺れて

女性から猛烈なアプローチを受けてしまうと、愛妻家といえども心が揺らぐようです。一度断っても、何度もアプローチされるうちに不倫してしまうようなのです。

 

妻とセックスできない・一緒にいられない状況

結婚すると妊娠、出産、それ以外にも何らかの原因で入院してしまうこともあるでしょう。そんなタイミングで不倫に走る男性は多いです。

 

その理由はセックスレスになる、自分をかまってもらえないこともあり、職場で不倫してしまうことも多いようです。

 

昇進して気が大きくなる

昇進したり、評判が上がったりすると、気持ちが大きくなる人は結構いますが、こういった人は社内不倫に手を出す確率が上がります。また、自信を持っている人は、異性が魅力を感じやすく、不倫しやすい状況です。

 

社内不倫した場合のリスクとは

 

社内恋愛のリスク

 

会社に異性がいないところは非常に少ないでしょう。同僚とは毎日顔を合わせるため、相手に好意を抱いてしまうことも十分あり得ます。ちょっとしたきっかけで、社内不倫をスタートしてしまったという人もいるでしょう。

 

しかし、社内不倫をすると大きなリスクを伴うのです。

 

社内での信用の失墜

特に男性の場合、社内不倫が妻にバレてしまうと、妻が会社に乗り込んでくるケースが多いようです。これは自分の夫が誘惑したのではなく、女の方が誘惑したと考えてしまっているからでしょう。今までは夫婦円満に毎日を過ごしてきたのに、その女のせいで家庭が崩壊したと思ってしまうのです。

 

そうなると、妻が会社に乗り込んできて、相手に罵声を浴びせるなんてことにもなります。しかし、この場合、夫の方が会社で信用を失ってしまうのです。この妻の行為によって、上層部、取引先、関係者にバレる可能性がかなり高くなります。また、業務妨害に当たるので、何らかの制裁があると考えた方が良いでしょう。

 

左遷または解雇になる可能性も

社内不倫が周囲にバレてしまったら、出世にも大きく響くことになるでしょう。特に大手企業の場合、ヘタをしたら不倫を理由に左遷、解雇、依願退職を促されることもあるのです。たった1度の不倫でも人生に大きな悪影響を与えることになります。

 

社内で居場所がなくなる

たとえ解雇にならなくても、一度、不倫が会社内でバレてしまえば、周囲の目も冷たくなります。居心地が悪くなる上に、仕事にも支障が出てしまうこともあります。こんな理由から、自分で退職しなくてはいけなくなる可能性は十分にあります。

 

妻が不倫の場合はこんなリスクも!

妻が不倫した場合、不倫相手との間に子供ができる可能性があります。夫とも関係がある場合、どちらの子供かわからなくなる可能性もありますね。また、社内不倫をしていて周囲にバレてしまった場合、大手企業などだと、ボーナスカット、降格するだけではなく、会社を辞めなくてはならない可能性も出てきます。

 

会社が与える不倫への制裁は女性の方が厳しいのかもしれませんね。

 

妻の場合虐待・ネグレクトと判断されるケースも

離婚する場合、通常、子供の親権を獲得するのに有利なのは、母親の方だと言われています。しかし、妻が不倫したせいで離婚になる場合、「育児放棄して不倫していた」、「子供の前で不貞行為を働いていた」と判断され、虐待、ネグレクトと判断されるケースもあります。

 

そうなると、当然、子供の親権を取るのは難しくなってきますよね。また、たとえ定期的に子供に会わせる約束をしていても、拒まれる可能性がありますし、だまって引っ越しされたら当然会えなくなりますよね。これに関しては、夫が不倫した場合でも同じようなことになります。

 

社内のW不倫になると互いに慰謝料の支払いになることも

社内でW不倫している場合、さらにことが大きくなる可能性は高いです。不倫相手のパートナーからの慰謝料請求、自分のパートナーからの慰謝料請求も考えられるので、失うものが多すぎることを念頭に置いてください。

 

慰謝料は数十万で済むケースもありますが、3,000,000円程度支払うことになる場合もあります。

 

別れてくれない

社内不倫はスリルがあるから始めたという人も中にはいるでしょう。しかし、いざ、不倫をやめたいと思っても、不倫相手が本気になってしまって別れてくれないなんてケースが結構あるのです。

 

そうなると、不倫相手から社内、妻もしくは夫にバラすといった脅しがあるかもしれません。不倫とはいつこんな地獄に落ちるかわからない好意なのです。

 

不倫された妻・夫が不倫相手の家族にバラすことも

不倫された妻や夫が復讐するために、不倫相手の家族にバラす可能性もあり、結果的に両方の家庭が崩壊することもあります。

 

最終的に離婚することに

家庭を壊すつもりがなく、ちょっとした遊びのはずが、結局、不倫がきっかけで離婚することになることは十分あり得ます。さらに、慰謝料請求、親権を取られてしまうことも考えられるので、不倫はリスクが大きいのです。

 

こんなことで社内不倫がバレる!

どんなことをきっかけに社内不倫がバレてしまうのでしょうか?

 

妻が会社にバラす

上記のように妻が会社に乗り込んできしまう、電話で社内不倫がバレることがあります。

 

不倫相手が密告する可能性も

不倫関係にあったけど、社内にバレなかったという人もいるでしょう。その場合、不倫された妻または夫が不倫相手に慰謝料請求するだけで、済んでしまうことがあります。そうなると、不倫相手も自分だけが痛手を負うなんて納得がいかない!となる可能性は高いです。

 

そのため、不倫相手から社内の人間に不倫関係にあったことをバラされる可能性もあります。

 

男女関係なく同僚からの密告の可能性も

不倫相手に好意を持っている、人の不幸が大好き、密告者に嫌われている等の理由からパートナーに密告される恐れがあります。不倫をしている当時は、不倫がパートナーにバレずに終わったとしても、こういった外部からの密告により、後々、不倫がバレることも十分あり得ます。

 

不倫がバレたことで夫婦関係が冷め切ってしまう、離婚に至るなど、さまざまなリスクがあります。

 

社内メールで周囲にバレることも

社内メールを間違って連絡用に使ってしまうと周囲にバレてしまうことがあります。こんなちょっとしたミスで社内に不倫の事実がバレてしまうのです。

 

SNSでバレる

社内不倫をしていると周囲にバレないようにしなくてはいけませんが、不倫相手がデートの写真をSNSにアップしてしまうこともあります。これを見た同僚にバレることもあります。

 

同じ日に休みを取って怪しまれる

社内不倫をしているときに同じ日に休みを何度も取ると周囲に疑われてしまいます。一度、疑われると全ての行動が怪しく見えたり、簡単にバレる可能性が高くなります。

 

社内でイチャついているのを目撃される

会議室などでイチャついているところを同僚に見られてしまい、不倫がバレてしまうこともあります。

 

同じときに一緒に残業してバレる

同じタイミングで遅くまで残業していて、一緒に帰っていることで周囲にバレる、また、残業が増えて遅くなる日が増えると、パートナーにバレることがあります。

 

携帯の使い方に変化があってバレる

今までは帰宅後、机に携帯を放り出したままにしていたのが、急にお風呂やトイレにも携帯を持ち込むようになった、頻繁に携帯をチェックするようになった、着信があると外に出てしまうなどで、不倫がバレるケースが多いです。

 

特定の女性・男性社員への接し方が違う

仕事に厳しい上司が特定の女性もしくは男性社員に優しくなったことで、社内不倫がバレることがあります。

 

いつも同じタイミングで席を離れて疑われる

職場の飲み会で一緒にいなくなる、普段仕事をしているときも席を外すタイミングが同じなど、ちょっとしたきっかけで不倫がバレます。

 

社内パソコンのデータから

社内パソコンは他の人が使う可能性もあります。個人の写真を残していて、そこから社内不倫がバレてしまったケースもあります。

 

職場の近くで親密なところを見られた

職場の近くで抱き合っていた、手をつないでいたところを見られて、社内不倫がバレてしまう人もいます。

 

休日に出かけているところを見られて

休日に不倫相手と一緒にいるところを見られて、不倫がバレたということもあります。休日に一緒にいるところを見られたら、なかなか不倫ではないと信じてもらえませんよね。

 

パートナーから電話が入り不倫発覚

奥さんには出張と嘘を言っており、たまたま急用で奥さんから会社に電話が入って、嘘だとバレてしまうこともあります。

 

服装の変化で

今までおしゃれに興味がなかった人が突然、おしゃれになった、こぎれいになったら、不倫を疑うのは当然ですよね。急激な変化は、周囲に不倫がバレやすいです。

 

プレゼントをくれる・優しくなった

今までプレゼントなんてろくにくれたことがないのに、何のイベントもない日にプレゼントを買ってきてくれた、急に優しくなったりしたことで、パートナーに不倫がバレることがあります。

 

社内の友人に相談して

不倫関係を社内の友人に相談してしまったことで、周囲にバレてしまうことがあります。信頼できる友人でも、どこで誰が聞いているかわかりませんし、いつポロッと話してしまうかわかりません。ちょっとしたきっかけで、不倫はバレてしまうのです。

 

不倫が会社内でバレたらこんなことにもなる

不倫が会社内でバレたことがあると、今後もさまざまな悪影響が出てくる可能性もあります。

 

裁判沙汰になることも

社内不倫をしたことが周囲にバレて、裁判沙汰になることもあります。そんなときは事前に上司に相談した方が良いでしょう。また、リスクを回避するために、弁護士を雇う必要が出ててきて、思わぬ高額の出費もあり得ます。

 

結婚、再婚を考えても不倫が原因でダメになる!?

不倫していたことが周囲にバレてしまっていると、今後、結婚、再婚を考える人が出てきても、不倫していたことが相手にバレてしまうことが多いです。そうなると、結婚しようと思った相手も不快に思ったり、相手の両親に反対される可能性が大きいです。

 

たった一度の不倫でも、今後の人生に大きな悪影響を与えかねません。

 

罪悪感を背負っていかなくてはいけない

社内不倫がバレた場合、周囲にも迷惑をかけてしまうため、罪悪感を拭うには時間がかかります。また、もちろん、パートナーを裏切ったという罪悪感は一生背負っていくことになるでしょう。

 

さらに、子供がいる場合、両親がけんかしている場面を見てしまう、不仲を感じ取るなどして、非行に走ることも考えられます。不倫がバレたときの家族への悪影響はとても大きいのです。

 

社内不倫は思った以上にリスクが高い!社会的制裁が待っていると考えよう

皆さん、いかがでしたか?社内不倫はしやすい反面、リスクが非常に高いです。社会的制裁もあり、社内不倫をすることで、失うものが多いとわかりました。

 

また、最悪の場合、離婚に至り、慰謝料を請求される、親権を取られる、養育費の支払いをしなくてはいけなくなります。一時の興味や衝動で、社内不倫をするのはあまりにもリスクが高すぎるので、社内不倫をしている人はすぐにやめるのが良いでしょう。また、社内不倫を考えている人も思い踏みとどまってください!

完全無料!浮気・不倫の相談窓口はコチラ!


原一探偵事務所

【詳細】http://haraichi.jp/

【電話番号】0120-77-1398