妊娠中の夫(旦那)の浮気が許せない!と離婚して後悔する前に。

MENU

妊娠中に夫(旦那)の浮気が多い理由と、その対処法

 

妊娠中

 

妊娠中に浮気された!という話はよく聞きますよね。妻が妊娠中に浮気することは本当に許せないと考える人は多いはず。妻をいたわり、サポートしてあげなくてはいけない時期なのにも関わらず、逆にストレスを与える行為をしてしまうなんて、最悪な裏切りと言えるでしょう。

 

しかし、勢いで離婚してしまい、冷静になってから離婚を後悔しているという人は結構います。そこで今回は妊娠中の浮気が多い理由、浮気が発覚したらどうすれば良いのか、浮気を許せる人許せない人の理由などを調査しました。

 

妊娠中の浮気は意外と多い

妊娠中の浮気は結構多いようですね。どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?

 

「妊娠中はエッチができない」という思いから

妊娠中のエッチは、母体に負担がかかってしまうため、セックスレスになりがちです。しかし男性の性欲というのは、「妊娠中だから控えよう」というふうに、割り切って抑えられるものではありません。

 

その結果、妊娠している妻(嫁)以外の、身近な女性と浮気に走ってしまいやすいのです。余談ですが、その場合、社内の女性と不倫に及ぶことが多いようです

 

妊娠中でも男性の場合生活の変化はほとんどないから

妊娠中は女性の身体は大きく変化していきます。つわりや精神的にストレスがかかりやすくイライラするため、自分自信のことで一杯一杯になることが多いです。また、妊娠中は夫との性交渉を控える必要が出てきます。

 

しかし、男性は妻が妊娠中だろうが普段の生活に大きな変化はないということ、妻の妊娠中は気持ち的にも自由になってしまう傾向にある、妻がかまってくれない・寂しい気持ちから、浮気をしてしまうことが多いようです。

 

男性は妻の出産後に父親になる自覚がやっと芽生えるから

妻の妊娠中は自分がパパになる実感はあまりなく、妻と出かけられない、性交渉ができないなどのストレスがかかります。それはお互い様だと思いますが、意識の違いから妊娠中に浮気してしまうことも多いようです。

 

女性は妊娠中から母親、男性は出産後に父親になる意識が芽生えるのが、理由なようですね。妊娠中からも父親になる自覚をさせるのも、浮気防止になるでしょう。

 

コミュニケーションをしっかり取るのも浮気防止になる

お互いにコミュニケーションをよく取り、体調が良いときは普通のお出かけを楽しんだり、赤ちゃんのものを買いに行ったりするのも、妻にとっても良い息抜きになりますし、旦那さんにも喜ばれます。お互いにコミュニケーションを取る努力をするだけでも、浮気防止につながります。

 

浮気が発覚したらどうしたら良い?

妊娠中に浮気が発覚したら、頭が真っ白になっちゃいますよね?しかし、まずは冷静になりましょう。

 

まずは冷静に事実確認と話し合い

まずは旦那さんと事実確認をしましょう。万が一、浮気を認めなかった場合、証拠を突きつけて、認めさせてください。ごまかすのは離婚したくないという気持ちが大きいからかもしれません。もちろん、バツが悪いこともありますが、離婚したくないからというケースが多いのではないでしょうか?

 

浮気の証拠を掴んでおく

浮気を認めさせるには確実な浮気の証拠を掴んでおくことです。とぼけてしまっては、今後の旦那さんの行動も信用できなくなりますし、浮気の証拠を掴みづらくなります。

 

浮気を問い詰める前に確実な浮気の証拠を掴んでおきましょう。万が一、離婚や慰謝料請求となった場合でも、浮気の証拠が必要になります。

 

自分で証拠を掴むのは難しいので、探偵事務所・興信所を使用するのもおすすめです。

 

浮気の原因を聞く

浮気されてショックですし、浮気する方が悪いのはわかります。しかし、旦那さんの方にも言い分があるかもしれませんよ。妊娠中だから妻が毎日イライラしていて一緒にいるのが辛い、かまってもらえなくて寂しかったなど、つい魔が差してしまった理由があるかもしれません。

 

もちろん、こんな理由で?と思うことでしょう。しかし、妻の方も努力が必要なのもわかりますし、改善できそうですよね。まずは冷静に話しを聞くことも大事ですよ。

 

修復するのか離婚するのか話し合う

浮気は基本的に精神的苦痛を与える行為です。妊娠中は特に悪質で、許しがたい行為です。修復できるのであれば、修復できるようお互いに努力していくのがおすすめですが、冷静に考えてもそれが難しいようなら、離婚の話しをすすめるのも必要でしょう。

 

修復のメリットを考えると気持ちが楽になることも

離婚すると経済的に困難になる人がほとんどです。修復するには浮気を許さなくてはならず、精神的な苦痛を長期間強いられることになります。

 

しかし、離婚しなければ、子供とずっと一緒に過ごせる、安定した生活を送れる、友達とゆっくり会うこともできる、お詫びに何か買ってもらえるなど、メリットが多いです。

 

離婚はいつでも出来ると考えよう

現在妊娠中なら、自分で何でもできるわけではありません。嫌でも夫の助けが必要になることもあるでしょう。また、浮気の常習犯ではなく、弾みで浮気してしまったなら、すぐに離婚を決断するのは早いかもしれません。

 

反省の色が見えるならチャンスを与えよう

深く反省している、二度としないということであれば、旦那さんにチャンスをあげるのも考えてください。妊娠中のサポートをたくさんしてくれる、良いパパになってくれるかもしれません。

 

出産や育児に協力的、努力が見られるなら、離婚しない方が幸せになれる確率が高いですよね。生まれてくる子にもパパは必要です。赤ちゃんのことを考え、少しガマンしてみるのも良いかもしれませんよ。

 

ただし、「泣いて謝ったから」、「深く反省していて、二度と浮気しない」という言葉やその場の態度だけで、信用するのは危険です!今後の旦那さんの行動を見て判断しましょう。上記のように協力的になるのか、怪しい動きがまだあるのかによって、判断するのが良いでしょう。あくまでも冷静に観察するのが重要です。

 

離婚後の生活を冷静に考えてみるのも

自分自身が定期的な収入を得られる自信がある、資産があるのであれば、離婚後の心配はあまりいらないかもしれません。しかし、一般的なママは離婚後は赤ちゃんを抱え、シングルマザーとして生活していくのはかなり大変ですよね。

 

産休中なら、職場復帰もできますが、最初のうちは短時間勤務になるのを覚悟しなくてはいけません。また、専業主婦なら、一から就職活動をしなくてはいけなくなります。就職活動中はどこかに預けなくてはいけなくなり、出費も大きいですよね。

 

また、子供が小さいとすぐに病気になって早退しなくてはいけない状況になりがちです。そんな人をわざわざ、選ぶ会社はなかなかありません。

 

さらに、子供も父親がいない、会えない、母親と過ごす時間もとても短くさみしい思いをして辛いです。もちろん、家にお金を入れてもらえない、暴力を振るう旦那さんなら、いないほうが良いですが、良いパパならいて欲しいと思いますよね。

 

このように離婚後はデメリットが多いのです。だからこそ、すぐに離婚を決断するのは早急すぎるでしょう。離婚はいつでもできます。関係修復に努力しても、精神的に無理と感じてから離婚を考えても遅くないですよ。

 

冷静に考えるとまだ旦那さんが好きなら関係修復を

妊娠中の浮気は許せない!と勢いで離婚してしまっても、離婚後にやっぱりまだ旦那さんが好きという人は結構いるようです。一時の感情で離婚してしまったが、時間がたつとやっぱりまだ旦那さんが好きということに気づいて後悔することがあるようですね。

 

浮気されて、もう一度やり直すのは、本当に大変なことです。しかし、まだ旦那さんに気持ちがあるなら、もう一度チャンスをあげるのも良いでしょう。

 

離婚後に孤独を感じることも

離婚すると仕事から帰ってきても、家に一人でいることが多い、一人で子供の面倒を見なくてはいけないと、ふと孤独を感じてしまうものです。

 

いつも一緒にいた旦那さんが離婚後はいないというのは、結構寂しいものなのです。こういったときに、離婚を後悔するようですね。

 

浮気相手との話し合いもする

関係を修復するのか、離婚するのかに関わらず、浮気相手との話し合いは必要になります。妊娠中に旦那さんが継続的に浮気している、特定の相手である、浮気相手が同僚など身近な人だと、また同じ事が繰り返される可能性がありますよね。そんなときは無料相談の弁護士に相談して、話し合いの場を設けましょう。

 

関係修復を考えているなら、話し合いの場では二度と会わない、メールやLINEなどのやりとりをしないなど、確約を取り、書面にしましょう。また、慰謝料請求や復縁したら○○円支払うという約束を取り付けるのも有効な手段です。金銭を要求することで復縁しづらくなります。

 

弁護士に相談することで、有効な方法を提案してもらえますよ。

 

浮気の種類や状況が違うから許せないこともある?

浮気には計画的ではなく酔った勢いで浮気してしまったなど、魔が差して浮気してしまうもの、わざわざ合コンや出会い系サイトを利用して既婚者ということを隠して浮気してしまう2パターンがあります。

 

悪質なのは計画的なものですよね。妊娠中にもかかわらず、計画的に浮気されたら本当に許せないです。

 

妊娠中の浮気で母体に影響も心配

妊娠中に夫が浮気するという行為は、普通の浮気より重いと考えられます。妊娠中の浮気はかなりショックが大きく、母体や赤ちゃんにも悪影響があるのではないかと心配になりますよね。

 

妊娠中の浮気は最低最悪な裏切り行為です。特に継続して浮気されていたら、簡単に許せる人はなかなかいないでしょう。母体、お腹の赤ちゃんへの悪影響や精神的なストレスを考えて、許さずに実家に帰って離婚することもあるようです。

 

反省・謝罪によって浮気を許す妻も

浮気を許す、許さないは夫の反省や謝罪で決まることが多いです。例えば、安田美沙子さんの場合、妊娠中に浮気されたにも関わらず、夫が深く反省していること、二人でもう一度一からやり直そうとよく話し合ったことで、浮気を許すという結果になりました。

 

逆に小倉優子さんの場合、妊娠中に浮気されたことで、離婚を決意しました。浮気相手が同じ事務所の後輩という身近な人間であったこと、それ以外にも度々浮気されていたこともあり、離婚に至ったようですね。このように状況によっても、浮気が原因で離婚を決意するようです。

 

度々浮気されていれば、さすがに今後のことを考えると離婚を決意する人が多いでしょう。子供にも悪影響を与えかねませんよね。

 

浮気を繰り返されるのでは?と言う不安から離婚することも

「もう二度としないから、今後は前を向いていこう。この話は二度となしにしよう」と言われては、反省の色が見られない、これじゃあ、また浮気されるのでは?と不安になりますよね。

 

簡単に許してしまったら、再び浮気される可能性があると考えた方が良さそうです。

 

浮気相手のところに行くのが許せないからこそ離婚しない人も

浮気されて「はい、離婚しましょう」とあっさり離婚してしまっては、夫が浮気相手のところに戻り、幸せになるのが許せないという理由で離婚しないという人もいます。

 

妊娠中に浮気されたのも、ホイホイ浮気相手の元に行くのも悔しいと感じるのでしょう。

 

妊娠中の浮気は忘れられない

妊娠中の浮気は絶対に忘れられないと言われています。最近よく聞く熟年離婚の理由も、妊娠中に浮気されたことを未だに許せないから、妊娠中の浮気で離婚するタイミングを伺っていたという人もいるようです。

 

妊娠中の浮気はもちろんですが、それ以外にもちょっとした余計な一言、非協力的な態度なども離婚事由になっていますので、男性は注意した方が良さそうですね。

 

子供が小さいうちはガマンする妻が多いようです。しかし、簡単に許されたと考えてまた浮気されたら、子供が大きかった場合、即離婚も十分考えられます!

 

妊娠中の浮気は重いけど冷静に子供のことを考えて後悔しないようにしよう

皆さん、いかがでしたか?妊娠中に浮気されるのはあなただけではなく、意外と多いのです。妊娠中に浮気されるのは一番されたくない行為ですよね。妊娠中は負担が大きく、何もできないという人もいます。女性からしたら、そんな状態に浮気をするなんて、神経を疑ってしまうと思う人は多いでしょう。

 

しかし、腹が立ったから即離婚!絶対許せない!と行動を起こすのは、ちょっと待ってください。上記の通り、離婚した後のデメリットは大きく、母親の方に負担が大きくかかるのは明白です。旦那さんにもう一度チャンスを与え、今後の行動を見て、判断しても遅くはありません。

 

あなた自身が幸せになるためにも、早急な決断はしないようにしましょう!

完全無料!浮気・不倫の相談窓口はコチラ!


原一探偵事務所

【詳細】http://haraichi.jp/

【電話番号】0120-77-1398