不貞行為とは具体的にどこから?ボイスレコーダーの録音の証拠能力は

MENU

「肉体関係があるかないか」が重要ポイント!

 

許せない

 

浮気されたら本当に許せないですよね。しかし、浮気のラインは人それぞれ違います。二人で食事する、手をつないでいることでも、浮気だと感じる人も多いですよね。しかし、実際に法律的に認められる不貞行為とは具体的にどこからなのでしょうか?

 

パートナーの不貞行為を立証するためにも、はっきりしたラインを知っておく必要があります。また、不貞行為を立証するために、ボイスレコーダーの録音は証拠能力があるのでしょうか?

 

今回はそんな不貞行為はどこからなのか、ボイスレコーダーの録音には証拠能力があるのか、調査しました。

 

不貞行為とはどんなものなのか

不貞行為というとどういったイメージでしょうか?男女間でも、不貞行為のイメージはそれぞれ違うようです。

 

浮気の境界線は男女間で異なる

配偶者以外の異性と肉体関係を持ったら、2人で出かけたら、キスをしたら、好きになったら、手をつないだ場合、浮気だと考えられます。しかし、この順位は男性と女性では異なります。男性の場合、肉体関係を持ったら浮気と考え、女性は好きになったらそれは浮気と考えることが多いようです。

 

法律での不貞行為とは?

一般的な浮気のラインは人によって異なります。それでは法律上では、どこから不貞行為と認められるのでしょうか?

 

民法第770条で定義されている離婚の提訴ができる理由は

離婚の訴えを行うとき、法律上で定義されている理由があれば、離婚が認められますが、この中に「配偶者に不貞な行為があったとき」という項目があります。

 

これは配偶者が自分以外の異性と肉体関係を持つことを指し示します。つまりは法律上、夫婦である場合、不貞行為は法律上においても、違反行為なのです。

 

これは夫婦生活において、円満な家庭を維持するために、貞操を守り、他の異性と肉体関係を持ってはならないということです。

 

万が一、不貞行為が発覚した場合、不貞行為を行った配偶者および不倫相手に対し、離婚請求、慰謝料請求をすることができます。

 

明確な不貞行為のラインとは?

肉体関係を持っていれば、不貞行為に当たります。しかし、明らかに付き合っているけど肉体関係はない状態、キスをしただけ、2人で食事をした、手をつないでいた、見つめ合っていた、プレゼントを贈った、親密なLINEなどのやりとりがあったなどだけでは、不貞行為には当たりません。

 

しかし、肉体関係がなくてもそれが理由で、夫婦関係が破綻した場合は、離婚することが可能になるケースもあります。

 

同性同士の浮気は不貞行為ではない?

不貞行為として定義されているのは、「男女間」の肉体関係もしくはそれに類似する行為です。そのため、配偶者が同性と肉体関係を持ったとしても、不貞行為に当たらないのです。

 

ただし、長期間こういった関係を継続しており、それが原因で夫婦関係が破綻してしまった場合は、慰謝料請求できる可能性は高くなります。

 

プラトニックな恋愛関係で認められるケースも

基本的には肉体関係を持っている場合、不貞行為に及んだと認められます。しかし、肉体関係がなかったとしても、女性にお金を貢ぐ、他の異性と付き合っていることで家事や育児をしないなど、平穏な夫婦関係を破綻させた場合などは、不法行為として認められ、慰謝料請求できたケースもあるようです。

 

別居しているときの不貞行為の判断は?

別居の種類によって、離婚・慰謝料請求できるかどうかの判断が異なります。仕事など家族の許可の元、単身赴任をしているときに浮気をしてしまえば、慰謝料請求できます。

 

すでに夫婦の関係が破綻状態にあり、合意の元、別居しているときに配偶者以外の異性と関係を持っても、謝料請求できません。しかし、別居前に浮気をしており、それが原因で別居した場合は当然、慰謝料請求できます。

 

家庭内別居をしていた場合、すでに夫婦関係が破綻しており、容認している場合は、慰謝料請求できない場合があります。しかし、一方的に家庭内別居状態になっていて、浮気した場合は慰謝料請求できます。

 

風俗は不貞行為に当たるの?

風俗は店が提供しているサービスだからOKなのでは?と考える男性もいるかもしれません。しかし、風俗であろうと他の異性と肉体関係になれば、不貞行為に当たります。特にソープ、ファッションヘルスと言った店の場合、本番やそれに近い行為をしているところが多いので、不貞行為と見なされます。性交渉を行っていない場合でも、オーラルセックスをしていれば、性交渉と同じような行為と見なされ、不貞行為に当たります。

 

配偶者が何度も繰り返すことについて話し合いをしても治らない場合は、離婚請求はできます。ただし、風俗店および風俗嬢は相手が結婚しているかどうか判断できないこと、サービスを提供することが仕事なので、慰謝料請求はできません。

 

しかし、以下のようなケースは慰謝料請求も可能になります。出会いは風俗店でもプライベートで金銭のやりとりなしで肉体関係を持っている場合、これは不貞行為に当たり、慰謝料請求をすることができます。

 

妻が風俗店で働いているのは不貞行為?

風俗の内容によって異なります。そのため、風俗店で働かなくてはならなくなった経緯、理由等を確認しなくてはなりません。

 

ホステスの枕営業も不貞行為

ホステスの枕営業も当然、不貞行為に当たります。ただし、ホステスへの慰謝料請求は難しいと考えましょう。

 

パートナーが不貞行為をしていたから仕返しで

パートナーが不貞行為をしていたから、やり返したという場合も不貞行為に当たります。ただし、すでに夫婦関係が破綻している場合は慰謝料請求はできません。

 

強姦は不貞行為?

配偶者以外の異性に強姦された、または脅迫されて肉体関係に及んだ場合は、不貞行為に当たりません。ただし、強姦した、脅迫した側は自ら行っていることなので、不貞行為になります。

 

しつこく誘われて断れなかった場合は?

しつこく誘われて仕方なく関係を持った場合でも、断ることはできますよね。これは当然、不貞行為に当たります。

 

酔って肉体関係を結んでしまった場合は?

付き合う気はなく、酒に酔って肉体関係を持ってしまった場合でも、不貞行為に当たります。

 

しかし、酩酊状態で全く記憶がない場合は、責任を負わせないケースもあり得ますが、難しいところでしょう。また、酩酊状態で襲われた場合は準強姦罪が成立するため、不貞行為に当たりません。

 

不貞行為を立証するには?

 

立証

 

不貞行為を立証するにはどうすれば良いのでしょうか?

 

証拠として認められるのは?

濃厚なキスをしている写真や動画を録画していても、不貞行為とは認められません。ただし、何度もこういったキスを長時間繰り返している動画を撮れれば、不貞行為を行っていると推察することができる、不貞類似行為とされるため、慰謝料請求できる確率が高くなるようです。

 

また、互いの家やラブホテルに長時間(20分以上)滞在していた場合などは、写真や動画を録画していれば、不貞行為の証拠となります。特にラブホテルは性交渉を持つ場所として認識されているので、ラブホテルの出入りの証拠を掴んでいると離婚や慰謝料請求に有利です。

 

注意したいのがシティホテルで行為に及んでいる場合です。一般的なシティホテルに入っただけでは不貞行為の証明として使うには難しいです。ただの打ち合わせだと言われてしまえば、不貞行為の証明は難しくなります。シティホテルの場合、同じ部屋に2人が入っていった写真を撮らなくてはなりません。

 

その他、肉体関係を結んだとわかる会話やメール・LINE、ラブホテルのレシート、コンドーム・オトナのオモチャを購入したレシート、ラブホテルへのカーナビ・GPSの履歴などがあると、不貞行為があったと見なされる可能性が高くなります。

 

また、上記の写真にプラスして、2人きりでデートしている、食事をしているなどの親密な写真を撮れれば、証拠能力として高くなり、不貞行為を実証するのに有利になります。

 

1回の証拠写真でも継続的に不貞行為があったと認められるケースもある

ホテルの出入りの写真が1回しか撮れなかったとしても、メール、LINE、ラブホテルのレシートなど、他の証拠があれば、不貞行為が継続していたと立証できます。そのため、どんな細かい証拠でも、大切に保管しておきましょう。

 

写真や動画を録画する前にしておきたいこと

浮気をしているのではないかと怪しく感じ始めたら、まずどんなことをしたら良いでしょうか?

 

身近なものからチェックする

まずはスマホ、PCのメール、LINEなどをチェックしましょう。また、内容をプリントアウト、写真に撮るなど、証拠を残しておきましょう。

 

自分で配偶者の行動に関して日記をつけておく

調停、裁判などでも、日記をつけておくと有利になるので、証拠を発見した日時、そのときに感じたことを記録しておきましょう。

 

また、配偶者の行動をカレンダーなどに記録しておくと良いでしょう。

 

記録しておけば怪しい曜日が把握できることも

日記をつけていると怪しい行動をしている曜日がわかってきます。ランダムな場合もありますが、いずれにしても、証拠能力は高いので継続してつけていきましょう。

 

また、怪しいと感じた証拠はすべてコピーや写真に撮っておきましょう。

 

ある程度怪しいものを見つけたらプロに依頼

ある程度怪しいものを見つけたら、興信所、探偵に依頼するのが良いでしょう。怪しい曜日などを把握できれば、費用を抑えることもできますし、証拠の写真を撮影できる可能性が高くなります。

 

特に浮気相手の名前、住所、職場などがわかるとスムーズに調査が進みます。

 

証拠を消されている場合

メール、LINEを削除している、ロックされている場合、なかなかしっぽを掴むのは難しいです。その場合は興信所、探偵事務所の所員と相談しましょう。

 

ボイスレコーダーの録音の証拠能力は?

ボイスレコーダーでの録音なら、リアルに会話などを聞くことができますよね。しかし、ボイスレコーダーの録音は証拠能力があるのでしょうか?

 

ボイスレコーダーで無断で録音するのは違法行為に当たるの?

よくテレビでも取り上げられていますが、相手の家に無断で侵入し、盗聴した場合は違法行為に当たります。しかし、自分のポケットにボイスレコーダーを入れて、許可なく録音しても問題はありません。

 

これを違法行為と勘違いしている人が多いですが、録音を禁止されている場所、守秘義務の発生するもの、個人の持ち物に忍ばせる以外は問題ありません。

 

車に忍ばせるのが有効

車内は密室状態になり、気を許して浮気相手に電話をかける、実際に浮気相手を車に乗せて会話をすることもあります。その場合、浮気相手との会話を録音できるので、証拠収集には有効です。

 

証拠能力の程度は?

無断で録音したものであっても、浮気の会話は証拠能力があります。よく編集することができるから証拠能力がないと思っている人もいますが、100%証拠能力がなくなるわけではありません。

 

また、肉体関係があったという会話が録音できれば、証拠能力が高くなります。

 

スマホよりボイスレコーダーで録音がベター

スマホなどで録音しても問題ありませんが、性能の部分で劣ること、着信などがあった場合はオフになってしまうため、ボイスレコーダーで録音した方が良いでしょう。

 

また、鮮明な会話でないと証拠能力として認められないケースもあるので、特に注意したいものです。

 

最近のボイスレコーダーはコンパクトなので、常にポケットに忍ばせておけば、いつでも録音することができるでしょう。

 

浮気相手が偽造だと言っても有効

浮気相手も慰謝料請求されたら、たまったものではありません。録音された会話を偽造だと言い張るかもしれません。しかし、会話の流れや背景などを考えて、裁判では判断されます。提出しても無駄と考えず、証拠として裁判所に提出しましょう。

 

ただし、ボイスレコーダーの録音だけでは不貞行為があったと100%立証することは困難だということを覚えておいてください。ラブホテルへの出入りの写真や動画の補助的証拠として提出するのが良いでしょう。

 

ボイスレコーダーの選び方

ボイスレコーダーを購入する際、注意するポイントがあるので、確認してから購入しましょう。

 

ボイスレコーダー購入の注意点

ボイスレコーダーを購入する際、安物を買わないようにしましょう。音声の質が悪い、故障してしまう、電池の持ちが悪いなどがあり得ます。録音時はポケットから出して録音できるとは限りません。ポケットに忍ばせる、車の見えないところに設置するなど、ノイズが多いものだと、クリアな会話を取ることができません。

 

また、録音可能時間は長時間のものがほとんどですが、電池の持続時間が短いものもあります。30時間を超える電池持続時間のものを選べば、車に忍ばせて録音することもできます。

 

音質はステレオMP3−128kbpsくらいが良いでしょう。それ以下だと音声が悪くて、会話がわかりません。

 

車などに設置するときの注意点

車などに設置するとき、録音ボタンを押したままにしないといけませんよね。録音停止ボタンなどは、どのボイスレコーダーでも大体突起しているので、誤って押してしまうことがあります。設置する際はボタンを押してしまわないようにボタン周辺にガードをつけておくと間違えて押してしまうことを防げます。

 

性能ならデジタル・確実な証拠ならテープレコーダーがベター

最近はデジタルのボイスレコーダーが多いですが、こちらは編集できるということもあり、偽装を疑われる可能性があります。そのため、確実な証拠として提出したい場合は、テープレコーダーで提出した方が良いでしょう。

 

もちろん、デジタルのものでも証拠として提出できます。

 

証拠集めの度合い

証拠集めはどの程度行えば良いのでしょうか?

 

浮気を止めたいだけなら細かい調査は必要なし

浮気を止めたいだけなら、ある程度の浮気現場の証拠写真や録音を撮ればOKでしょう。浮気を反省させ、やめさせるだけなら、興信所、探偵事務所に頼むのも費用を抑えることができます。

 

浮気相手に慰謝料請求、離婚と養育費・慰謝料請求を配偶者にしたい

浮気相手に慰謝料請求、配偶者に離婚、養育費、慰謝料請求をしたい場合、徹底した証拠集めが必要になります。これはプロに依頼してどこまで必要なのか、確認しましょう。また、弁護士に相談するのもスムーズに進めるには良い方法です。

 

不貞行為の請求期間に注意!離婚は1回の不貞行為でもできるの?

不貞行為発覚後、いつでも慰謝料請求できるのでしょうか?また、1度の不貞行為でも離婚はできるのでしょうか?

 

慰謝料請求できるのは3年

慰謝料請求できるのは不貞行為が発覚してから3年までです。100%慰謝料を支払って貰えないというわけではありませんが、3年を経過してしまうと、不貞行為を知っていても慰謝料の請求が困難になります。

 

1度の不貞行為では離婚請求は認められない可能性大

不貞行為の期間だけでなく、不貞行為の回数も注意が必要です。1度だけの不貞行為に関しては、離婚事由にならない可能性が高いです。3回以上になると常習性が認められ、ほとんどの場合、離婚請求が通ります。

 

不貞行為は下半身が絡むもの!ボイスレコーダーも証拠能力あり!

皆さん、いかがでしたか?不貞行為のラインは結構深い仲にならないと違法行為にならないことがわかりました。裏切り行為をしているにもかかわらず、肉体関係を結んでいる証拠が掴めないと不貞行為とならないのは悔しいですよね。

 

しかし、一部、慰謝料請求できるものもあるので、細かい点は弁護士などに相談するのが良いでしょう。

 

また、無断でボイスレコーダーを用いて録音するのは違法行為と思っていた人も多いかもしれませんが、証拠能力はあります。こういったものをしっかり活用して、確実な 証拠を掴んで泣き寝入りしないでください!

完全無料!浮気・不倫の相談窓口はコチラ!


原一探偵事務所

【詳細】http://haraichi.jp/

【電話番号】0120-77-1398