財産分与の割合相場|離婚でできるだけ多く財産を奪って復讐するには

MENU

離婚時の財産分与の割合・相場はどれくらい?

 

財産分与の割合

 

浮気されて離婚することになった場合、慰謝料養育費以外に、一番気になるのは夫婦の財産についてですよね。財産分与について知識を持っている人はあまりいないでしょう。

 

浮気されたら、離婚の際、できるだけ多く財産を奪って、復讐してやりたい!と思うのは人間の心理です。

 

そこで今回は財産分与の割合、離婚でできるだけ多く財産を奪って復讐するにはどうしたら良いのか調べました!

 

財産分与を学ぼう

財産分与とはどんなものなのか、どのようにこれまで蓄えてきた夫婦の財産を分けていくのでしょうか?離婚の前にしっかりと財産分与についての知識を備えておかないと損をすることもあります。

 

損をしないためにも財産分与について、しっかり学んでいきましょう。

 

財産分与とはどんなもの?

財産分与とは、結婚生活中に夫婦で協力して増やした、または維持してきた財産を指し、離婚時にこの財産形成にどの程度貢献してきたかを判断し、それによってそれぞれに対象財産を分配するものです。この夫婦の財産は、名義が誰であれ、結婚生活で築き上げてきた財産であれば、共有財産として認められます。

 

夫婦名義のもの、片方の名義のものであっても、財産分与の対象になるのはホッとしますよね。

 

法律においても、民法768条1項で、離婚時に相手方に財産分与の請求が認められるとしています。早く離婚したいからと言って、適当に流してしまうのではなく、冷静になってしっかり財産分与の請求を行いましょう。

 

ただし、たとえ離婚前であっても、別居後に取得した財産などはその対象とはなりませんので、注意しましょう。これは離婚前であっても、夫婦で協力して財産を築き上げたとは考えられないためです。

 

財産分与の対象となるもの

対象となる財産は、現金、預貯金(タンス預金や給与からの子供の積立金も含める)、家、土地、車、有価証券、保険解約返戻金、退職金はもちろん、家具、家財なども婚姻後に取得したものは対象となります。相手名義のものであっても、財産分与の対象になります。

 

厚生年金、共済年金などは年金分割という制度を利用すれば、相手の年金を自分の年金に上乗せして受け取ることができます。ただし、国民年金の場合はこの対象にはなりません。厚生年金・共済年金の分割は加入期間全てではなく、婚姻期間のみが対象になります。

 

退職金も年金と同じように婚姻期間中の財産分与の対象になりますが、計算が難しい場合、対象外になることもあります。

 

すでに退職金が支払われている場合、婚姻期間中の1/2の金額を請求することができます。また、将来の退職金についても請求できます。

 

自営業の場合、株式会社でなければ、事業用の資産、負債も財産分与することができます。

 

特有財産の分配はある?

財産分与でも対象外になるものがあり、これを特有財産と言います。この特有財産とは、独身時代の定期預金、車、結婚の際に持参した嫁入り道具、個人的に取得した有価証券、個人的な持ち物、宝くじの当選金など、婚姻前にすでに取得していた財産、婚姻中であるが協力して築き上げた財産とは言えない相続、不動産などがこれに当たり、民法762条1項に定められています。

 

しかし、特有財産であっても、婚姻中に協力して財産を増やすなどの貢献があった場合、その貢献度に応じて財産分与されることも十分にあります。

 

債務も財産分与になる!

婚姻期間中に得るものは、プラスの財産ばかりとは言えません。配偶者がパチンコや競馬などギャンブル依存症である、高い買い物など浪費によって多額の借金をしていた場合、債務の財産になります。これも財産分与の対象になるのでしょうか?自分が作った借金ではないので、納得がいかないですよね…。

 

ご安心ください!上記のような債務については、自分の娯楽費として借金しているものなので、これは財産分与には当たらないと考えられます。

 

債務の財産分与がされるケースは、生活を維持するために債務が生じた場合です。これは夫婦の共同債務として考えられるからです。たとえば、持ち家の場合、住宅ローンが残っている人も多いでしょう。この場合は、そのローン残金を財産から差し引きます。

 

そのため、夫婦のプラスの財産から債務というマイナスの財産を引いた額を導き出し、差額の財産を分配するのが通常の処理方法です。

 

住宅ローンの連帯保証人の場合は注意して!

住宅ローンが残っている場合には、気をつけなくてはいけない点があります。住宅ローンを組むときに妻が連帯保証人になっているケースが多く、夫が支払いを滞らせると妻の方に請求が来ます。

 

また、妻の方も支払い請求に応じなかった場合、競売にかけられる可能性が出てきてしまいます。住宅ローンの残っている不動産であっても、そのまま譲渡してもらうこともできますが、こういったトラブルを避けるためにも売却して、財産分与するのが良いでしょう。

 

住宅ローンの方が多いケースも

所有している財産よりも住宅ローンの方が多い、評価額の方が低いことがあります。これをオーバーローンと言い、こういうケースが結構多いのです。

 

オーバーローンを解消できるまで住宅の売却を待つこともあり、この場合、住宅の管理やローンの負担について話し合う必要があります。

 

住宅ローン付きの財産分与の方法

ローンが残っている場合は、以下の方法で財産を分配します。

 

  • 不動産を売却し、金銭を分配する。
  • そのまま所有して相手へ差額分を支払う、または名義変更して逆に支払う。
  • そのままローンを払い続ける場合、ローンを除いた分の金額を支払い、名義変更をする。
  • 借地権の場合、地主の承諾を得てから名義変更を行う。

 

財産がなくても財産分与の請求をすることもできる!?

上記のように債務があった場合、財産はほぼ無くなることもあるでしょう。じゃあ、お金は全く貰えないの?とショックを受けた人もいるでしょう。

 

しかし、夫婦で合意が取れれば、たとえ財産が0である場合でも、財産分与を受けることができるのです。また、現在所持している財産以上に支払わせることも可能です。

 

養育費や慰謝料のみでは生活が成り立たない場合、浮気が原因で離婚に至った、所有している家をもらって住宅ローンを支払ってもらう場合などは、これに当たります。

 

夫婦間の貸し借りも離婚時に清算

夫婦間でもお金の貸し借りをする場面は良くありますね。こういった借入金も離婚時に清算することになるので、しっかり請求しましょう!

 

また、離婚時に清算できない場合、離婚後に支払ってもらうことも可能なので、契約書を作成してください。

 

財産分与は3種類

財産分与と言っても、1種類ではありません。財産分与は以下の3種類があります。

 

慰謝料的財産分与

一般的に浮気などによって精神的苦痛、不利益を与えられたことに対して、慰謝料を請求することが可能です。

 

しかし、慰謝料と財産分与のラインが明確ではなく、まとめて請求するといった場合に、慰謝料も含んだ財産分与である「慰謝料的財産分与」が認められます。

 

清算的財産分与

婚姻期間中に築き上げてきた全ての財産を清算することです。これは今まで結婚期間中にお互い協力して築き上げてきた財産であり、名義がたとえ夫になっていたとしても、共有財産として認められ、貢献度によって公平に財産を分配することを意味します。

 

これはあくまでも、夫婦の財産として考えられるものなので、離婚原因が浮気などであっても、公平に分けるものであります。そのため、有責配偶者からも財産の請求をすることが可能です。

 

扶養財産分与

離婚することで相手の配偶者がすぐに経済的自立ができないと考えられる場合、その生活をサポートする意味合いがある財産分与を扶養的財産分与と言います。

 

例えば、離婚の際、相手方が高齢、病気で仕事ができない、経済力がない専業主婦、子供が小さくてすぐにフルタイムの勤務が困難である場合などは認められることがあり、離婚後も一定額を数年間にわたり、相手方に支払うことが求められます。

 

財産分与の割合・相場とは

 

割合・相場

 

財産分与の割合・相場はどのくらいなのでしょうか?また、その割合は法律で決まっているのでしょうか?

 

通常は分与の割合は1/2ずつ

婚姻期間中に築き上げてきた財産への貢献度によって分配の程度が決定されますが、一般的には財産分与の割合は1/2ずつになります。

 

たとえ専業主婦であっても、夫は会社に貢献し、妻は家で家事という仕事を担ってきたと考えられるため、躊躇する必要はありません。夫婦で築き上げてきた財産は、2人の協力の下、形成されると考えられています。

 

しかし、共働きの場合は、通常、1/2ずつの分配になりますが、専業主婦の場合、以前は30〜50%の財産分与になる判決が下されることもありました。しかし、現在は1/2の財産分与になることが増えていますので、専業主婦でもしっかり請求しましょう!

 

しかし、これはあくまでも一般的な考えであり、その事案ごとに財産分与の割合は決定されます。片方が特に努力していた、医師、弁護士といった特殊な能力を使って財産形成に特別貢献したと考えられた場合、財産分与の割合は大きく変動し、1/3以下になることもあります。

 

自営業をしている場合は変動あり

自営業をしており、どちらか片方が事業運営に多く従事している場合は、1/2ずつにはならず、その貢献度の度合いによって割合が変わってきます。

 

財産分与の決定方法は選べる

財産分与の決定にはいくつかあり、調停、離婚裁判で決定することもあります。

 

話し合いで済ませる場合も弁護士に依頼を

財産分与の決定は話し合いで決めることが多いです。お互い、財産分与の額に納得していれば、当事者同士で自由に決定することが可能です。

 

しかし、この方法だと、計算方法のミスなど、トラブルが起こる可能性もあるので、話し合いで決定する場合でも、弁護士にお願いし、執行承諾文言付公正証書で残すようにした方が後日トラブルにならないでしょう。万が一、未払いが起こった場合でも、裁判を行わずに強制執行することができます。

 

すでに別居している場合、話し合いすることも困難なケースがあります。その場合、メールやLINEなどやりとりの証拠が残る連絡手段で連絡を入れて、話し合いできる機会を設けましょう。これに応じない場合は、内容証明郵便を送ると、後々、証拠として提出できます。話し合いができた場合は、相手の同意が得られた証明として、離婚協議書を作成するのがおすすめです。

 

また、協議で財産分与が決定できない場合、財産分与請求調停、離婚調停、離婚審判、離婚訴訟などで決定されます。こういった場合は、必ず弁護士に相談しましょう!

 

調停になった場合に必要な書類

話し合いで決まらなければ、調停で決定することになります。調停になった場合は何点か必要な書類があります。

 

  • 調停申立書(財産目録含む)を申立人分、相手方分、裁判所分の計3通
  • 事情説明書1通
  • 連絡先の届出書1通
  • 離婚時の戸籍謄本1通
  • 進行関連の照会回答書1通
  • 給与明細、通帳の写し、固定資産評価証明書などの財産全般の書類各1通

 

上記のものを提出する必要があるので、用意しましょう。

 

申し立て費用はどのくらい?

申し立て費用は収入印紙1,200円、連絡用切手800円程度です。詳しくは各家庭裁判所へ確認してください。

 

申し立てをする家庭裁判所はどこ?

申し立てを行う家庭裁判所は相手の居住地の家庭裁判所が担当します。

 

離婚裁判になったら

上記の離婚調停で決まらなかった場合は、離婚訴訟を起こさなくてはいけません。

 

離婚裁判を起こす場合は以下の離婚原因がないといけない

裁判を起こして離婚する場合、民法770条1項各号に定められる通り、離婚の原因が必要になります。離婚の原因とは、浮気といった不貞行為、悪意の遺棄、3年以上生死が不明なケース、強度の精神病を患っており回復の見込みがない、その他、暴行、犯罪、性格の不一致、浪費なども離婚事由になります。

 

離婚裁判

離婚裁判は、訴状の作成と提出、相手への訴状の提出、第1回口頭弁論、複数回の口頭弁論、判決の流れになります。もちろん、裁判中に和解が成立することもあります。

 

離婚裁判にかかる費用

離婚のみの場合は13,000円、慰謝料請求がある場合は+1,000円、財産分与の請求がある場合はさらに+1,200円、養育費の請求もある場合は+1,200円、その他に郵便切手代6,000円、弁護士費用が400,000〜600,000円程度かかると考えましょう。

 

ただし、弁護士費用について支払いができない場合は、法テラスなどを活用しましょう。詳しくは「法テラスで弁護士に無料相談できる?探偵の無料カウンセリングと比較」をご覧ください。

 

裁判には証拠が重要

裁判では証拠がとても重要になってきます。給与明細、財産リストを揃え、財産分与に向けて万全の体制で裁判に挑みましょう。

 

財産分与の仕方

財産分与をするときは準備が必要になります。現金の財産分与については分割の割合が出てしまえば、簡単に計算できますが、現金以外のものは少し複雑になります。その他に財産分与のタイミングや受け取り方なども話し合っておかなくてはいけません。

 

現金以外の分与

財産分与のリスト化を行ったら、現金以外のものをチェックする必要があります。財産の中には現金ではなく、現在所有する家などの不動産、自動車など、現物の財産の場合があります。この場合は以下の方法で、分与します。

 

  • 財産を売却して金銭に換えた後、それぞれに分配する換価分割を行う
  • 相手に金銭を支払う
  • 現物を分与する

 

こういった分与の方法は文書に作成し、金銭での長期間の支払いになる場合は公正証書にしておいた方が良いでしょう。万が一、支払いが滞った場合でも、公正証書があれば、給与の差し押さえが可能になります。損をしないためにも、労力を惜しまないでください!

 

財産分与のタイミング

財産分与を行うタイミングは離婚時に行うのが通常ですが、離婚の際に取り決めが行えなかったとしても、後日、財産分与の請求を行うことはできます。

 

ただし、注意して欲しい点があります。離婚後2年以内に財産分与の請求を行わないと、財産分与の請求が認められないと民法768条2項に記載されています。

 

2年は結構長いから大丈夫と思っていても、案外、あっという間に過ぎてしまうので、十分注意しましょう。また、離婚後の財産の把握は、とても困難なので、離婚前に必ず財産分与を決定しておきましょう!

 

財産分与の現金の受け取り方

財産分与の現金の受け取り方には、一括払い、分割払いの2種類があります。一括で支払って貰えるなら、その方が良いでしょう。分割払いの場合、長期的な支払いになるため、さまざまな理由から途中で支払いが滞ってしまう可能性があります。

 

分割払いでも、1回目は財産分与の半分を支払って貰う、その後は毎月数万円支払うという方法もあるので、現実的でトラブルの少ない方法を選びましょう。

 

財産分与でより多く財産を獲得したい!その方法とは?

相手の浮気が原因で離婚に至った場合、財産を多く奪って復讐したいと考える人は多いですよね。財産分与でより多く財産を取得する方法はあるのでしょうか?

 

損をしないためにも感情的に請求権を放棄しない!

注意したいのが請求権の放棄です。一度、請求権を放棄してしまうと基本的に財産分与ができなくなるので、浮気されたからすぐに離婚したい!財産分与なんてしなくて良いと言って、請求権の放棄は絶対にしないでください。

 

隠し持っている財産がないか正確に把握する

財産分与では、財産目録を作成しますが、このときに隠し財産があると、たとえ共有財産であっても、財産分与の対象になりません。そのため、離婚が決まる前に水面下で財産をすべて調べ上げておき、証拠を集めておきましょう。

 

万が一、相手が貯金などの開示を拒否した場合は、弁護士に相談しましょう。

 

どんなものを集めておけば良い?

財産分与で財産を隠されないためにも、相手の通帳のコピー、給与明細、確定申告書類、不動産登記簿、生命保険関連の書類、証券口座の明細などを集めてください。

 

証拠を集める方法とは?

できるだけ多く財産を獲得するためには、隠し財産がないかチェックしましょう。しかし、相手が貯金がないと言ってしまえば、こちらでは確認することができません。そんなときに活用したいのが、弁護士会照会制度というものです。これを利用することで、隠している貯金を調べられる可能性が高くなります。

 

その他の方法は、金融機関や支店を特定し、裁判所へ「調査嘱託」を申し立てることです。この制度を使うことで、預金、株式を持っていないか確認することができ、隠し財産を探るのに有効です。

 

しかし、前もって調べておけば、後々、こじれる心配がないので、あらかじめ調べておくことをおすすめします。

 

多く財産を取得するには自分の貢献度を主張するのが〇

財産分与でより多くの財産を獲得するには、どれだけ資産形成に貢献してきたか主張することが重要です。通常、1/2がそれぞれ財産分与の額として分けられますが、資産形成に相手方が協力的でなかった場合は、財産分与の割合が変わってきます。一方的に家から出て行ってしまった場合などはこれに当たります。

 

また、財産分与の対象ではない財産を増やすことに貢献していた場合、財産分与をより多く獲得できる可能性が出てきます。例えば、結婚前に取得していた不動産の大規模修繕費などを結婚後の貯金から出した場合がこれに当たります。

 

結婚を機に専業主婦になったことを主張

結婚を機に、正社員だったものを退職した場合、離婚後に再び職に就くのが困難になります。その場合、慰謝料を増額する事由として主張しましょう。結婚して仕事を辞めたのにもかかわらず、相手の浮気によって離婚しなくてはいけなくなった、無収入から再び仕事を探さなくてはいけなくなったことを主張しましょう。

 

離婚する事由に自分には非がないことを主張する

離婚調停や離婚裁判の場合、自分に非がなかったことを主張することも重要です。

 

相手からの言い分を押さえるためには

生活費がこんなに多くかかるはずがないと主張する夫もいるでしょう。夫は思った以上に生活費にどのくらい毎月かかるのか、わかっていない場合が多いです。そのときに言い負かされないためにも、収入、支出の内訳を説明できるようにしておきましょう。家計簿をつける、通帳の履歴を開示すると話し合い、調停などもスムーズに進むでしょう。

 

どの共有財産が欲しいか優先順位をつける

自分がどうしても欲しいと思う財産の優先順位をつけておきましょう。また、相手から確実に獲得するために交渉手段を考えておきましょう。

 

最初から調停を行うのがおすすめ

お互い、財産をできるだけ多く取りたいと思いますよね。そうなると、互いに主張するだけで話し合いが進まないケースがあります。また、財産を隠したり、希望に応じないこともあるため、最初から調停を行って、第三者の判断で決めてもらうのがスムーズな解決方法、損をしない方法と言えるでしょう。

 

また、相手と会わずに話しを進めることができるのもメリットです。ただし、その反面、状況によっては解決までに1年ほどかかってしまうこともあり得ます。

 

弁護士に相談するのがおすすめ

弁護士に依頼することで、調停調書の作成、差押え手続きなどを行って貰えます。また、論理的に交渉することができるため、自分一人で戦うよりも有利に財産分与を決めることができる可能性が高くなります。

 

財産分与に税金はかかるの?

財産分与には税金がかかる場合とかからない場合があります。

 

財産を受け取る側

基本的に税金の負担はありません。ただし、財産分与の額が極端に多い場合は、税金を払わなくてはならない可能性もあります。不動産を譲渡された場合、不動産取得税がかかる可能性もあります。

 

財産を渡す側

不動産などを財産分与として渡す場合、譲り渡すときの額が高くなっていると税金を払わなくてはいけなくなります。ただし、住居用の譲渡の場合、譲渡する側は30,000,000円まで特別控除が認められます。また、節税対策があるので、弁護士または税理士にご相談ください。

 

最低でも財産分与は半分貰える!貢献度や主張によっては多く取ることも可能

皆さん、いかがでしたか?財産分与についての知識がなかった人は、専業主婦だからほとんど貰えないのではと思っていた人も多いでしょう。しかし、専業主婦も立派な仕事です。夫が外で仕事をしてきている間、家をしっかり守っているのです。堂々と財産分与の請求をしましょう。

 

また、場合によっては増額の可能性もあるので、主張すべきことは主張しましょう。うまくいけば、財産分与の割合を増やし、相手に復讐することができるかもしれませんよ!

 

完全無料!浮気・不倫の相談窓口はコチラ!


原一探偵事務所

【詳細】http://haraichi.jp/

【電話番号】0120-77-1398